ビジネス英語を学ぶならオンライン英会話がオススメ!日常会話との違いとは?

近年、ビジネスにおける英会話の重要度が、以前よりも高くなってきています。そのため、今や英語が話せる人材は当たり前で、ビジネス英語を話せることが求められるようになっています。

「日常会話レベルの英会話しかできない……」という人の中には、ビジネス英会話に特化したスクールに通うケースもありますが、仕事との両立が難しく挫折する人もたくさんいます。そこでおすすめしたいのがオンライン英会話でビジネス英語を学ぶことです。今回は、オンライン英会話でビジネス英語を学ぶメリットと、日常英会話との違いについて紹介します。

オンライン英会話でビジネス英語を学ぶメリット

オンライン英会話には、英会話スクールにはないたくさんのメリットがあります。そのため、ビジネス英語を学ぶ人にとっては、うってつけのサービスといえるでしょう。

いつでも受けられるから忙しくても大丈夫

英会話を効率よく上達させるためには、生活の一部になるくらい毎日英語に触る必要があります。しかし、忙しいビジネスマンにとって、英会話の勉強時間を捻出するのは簡単ではありません。オンライン英会話であればスマホやタブレットなどでいつでもどこでもレッスンが受けられますので、出勤前やお昼休憩中、帰宅後の深夜といった具合に隙間時間を有効活用できるため、無理なく英会話を続けることができます。

自分に合った講師やコースが選べる

英会話を学ぶ目的は、受講者ごとに千差万別です。そのため、ビジネス英語を効率よく上達させるためには、自分に合った講師を見つけられるかどうかが重要になってきます。オンライン英会話では、講師のプロフィールや国籍などさまざまな条件を確認することができるで、自分の仕事と同じ業界にいた方を選ぶことができれば、より実践的な内容のレッスンを受講できるでしょう。また、ビジネス英会話に特化したコースが用意されている場合もあるで、自分に合ったサービスを探してみてください。

多様な英語を聞くことで身に付くリスニング力

オンライン英会話には、世界中からたくさんの方がレッスンに参加しますので、さまざまな国の英語を聞くことができます。ビジネスの世界では、さまざまな国の人とコミュニケーションをとる場合があります。しかし、英語のネイティブスピーカーは意外に少なく、国ごとに英語のニュアンスが若干異なります。そのため、多様な英語を聞けるオンライン英会話では、より実践的なリスニング力を身に付けることができます。

ビジネス英会話と日常の英会話の違い

よく、英語を学ぶに当って「ビジネス英会話って普通の英会話と何が違うの?」という疑問をお持ちの人も多いと思います。なのでここからはその疑問にお答えしたいと思います。

話し方が違うビジネス英語

ビジネス英語と日常英会話との最大の違いは、ビジネス英語は日常英会話に比べ「要点をコンパクトに伝える必要がある」という点です。ビジネス英会話では、相手に用件を的確に伝えることが求められるため、曖昧な表現や遠回しな言い回しなどはあまり多用されません。とにかく、要件を簡潔かつ明確に相手に伝えることが重要です。

日本語でも普段友人と話すような表現をビジネスシーンで使う人は少ないと思います。これは英語でも同様で、挨拶や会議などのシーンで使うと相手に幼稚だと思われたりあまりふさわしくない表現などがあります。ビジネス英語では伝わればいいだけでなく、より丁寧で相手を不快にさせない表現を学ぶ必要があります。こうした理由から、英会話スクールの多くが、ビジネス英会話に特化したレッスンを提供しています。

業界用語や単語が持つ意味合いの違い

ビジネス英語といっても、特別な文法が存在するわけではありません。ビジネス英会話における特徴の1つとして、業界ごとに単語の使い方が大きく異なることだといえるでしょう。日本でも業種によって、使っている単語は様々だと思いますが、英語でもそれは同じことです。

いわゆる「業界用語」と呼ばれる単語や特殊な表現が、英会話にも存在します。そのため、ビジネス英語のスキルをアップさせるためには、会話力だけでなくこうした業界用語を覚えることも重要です。ただし、単語の意味やニュアンスを覚えるだけでは不十分で、その単語が持つビジネス的な意味合いや影響範囲も含めて覚える必要があります。

グローバル化するビジネスに乗り遅れるな

今回は、オンライン英会話でビジネス英語を学ぶメリットと、日常英会話との違いについて紹介しました。今後、グローバル化はさらに進んでいくことが予想されます。また、SNSやゲームなどビジネス以外にも、英語を使うシーンはどんどん増えていくことでしょう。忙しい時間でも隙間時間を活用できるオンライン英会話は、ビジネス英語を効率よく習得したい人には非常におすすめです。グローバル化するビジネスに乗り遅れないように、できるだけ早くアクションを起こしてライバルに差を付けましょう。