オンライン英会話の日本人講師と外国人講師の特徴と選び方

オンライン英会話の講師を選ぶ際、日本人か外国人どちらがよいのかお悩みではありませんか?「どうせ英会話を学ぶのであれば、やっぱり外国人の講師から学びたい」と思う人も多いもしれません。しかし、初心者にとっては日本人講師から学んだほうがよいなど、ひとくくりにはできないケースもあります。そこで今回は、オンライン英会話における日本人と外国人講師の特徴や、どんな人に向いているのか説明します。

知っておきたい日本人講師と外国人講師それぞれの特徴

まず、日本人講師と外国人講師の、それぞれの特徴について説明します。

日本人講師の特徴

日本人講師の特徴は、何と言っても日本語で細かいニュアンスなどが聞けることでしょう。また、同じ日本人から英語の勉強方法を学べる点も大きなメリットです。日本人講師であれば、英会話初心者がよく間違える文法のポイントなども理解しているので、英語の基礎をしっかり学ぶことができます。さらに、講師自身が初心者にとって理解が難しい点を把握しており、分かりやすく説明することができます。

ただし、日本人講師の中には発音が完璧でない人や、細かなミスをする人もいます。また、なかには分からない部分が出てきたときにすぐ日本語で話してしまう人もいるので、そこに甘んじることなくできるだけ英語で話すようにしないと、なかなかスキルアップできません。

外国人講師の特徴

リアルな英語を実践的に学べる外国人講師には、たくさんのメリットがあります。まず、ネイティブの自然な発音を学ぶことができるので、自分の発音が正しいかチェックすることが可能です。また、ネイティブとの会話を繰り返すことで、リスニング力を強化することもできます。また、英語独特の表現方法についても、自然に身に付けることができるでしょう。

一方で、外国人講師のデメリットとして挙げられるのが、英会話の初心者には若干ハードルが高いという点でしょう。たとえば、外国人講師のレッスンは、ほとんどが英語での会話になるため、初心者だと内容が理解できなかったり、質問の意味を理解できなかったりする場合もあります。また、本当は理解できていないのに、分かったフリをしてしまう人もいるようです。

オンライン学習イメージ

こんな人には日本人講師がオススメ

どのような人がオンライン英会話で日本人講師を選択すべきかを説明します。

初心者は日本人講師から慣れるのがオススメ

英語の基礎が身に付いていない初心者にとっては、外国人講師のレッスンは非常に難しく感じる場合が多いです。しかし、日本人講師であれば、英会話に苦手意識を持つ初心者でも親近感を持ちリラックスした状態でレッスンに臨めます。そのため、英会話が初心者であれば、しばらく日本人講師のレッスンで英会話に慣れた後で、外国人講師のレッスンにチャレンジしてみるのがオススメです。

外国人講師でなかなか結果が出ない人

外国人講師のレッスンを受けているが、あまり英会話スキルが上達しないと感じる人にも、日本人講師のレッスンはオススメです。日本人講師自身には過去に英語を学んできた経験があるため、英会話や文法を日本人の生徒に教えるのが上手いというメリットがあります。

一方で外国人講師にとっては、たとえ少し日本語が話せる場合でも、日本人に英会話や文法を教えるのは容易ではありません。そのため、外国人講師のレッスンでは、特に初心者の英会話スキルのレベルアップに時間がかかる場合があります。したがって、外国人講師のレッスンを受けているけど、なかなか英会話スキルのレベルアップを実感できないという人は、ぜひ一度日本人講師のレッスンを受けてみるとよいでしょう。

こんな人には外国人講師がオススメ

英会話に慣れた中級者や上級者の人には、やはり外国人講師のレッスンを受講するのがオススメです。また、初心者の方でも、ある程度英会話に慣れ始めてきた人であれば、外国人講師のレッスンにシフトするのもよいでしょう。外国人講師と話すことで、スピーキングの練習にもなりますし、長期間レッスンを続けることで、日本語ではなく英語で考えて発言できるようになります。本格的な英語を実践的に学びたいという人には、やはり外国人講師のレッスンを受講するべきでしょう。

自分のレベルやニーズに合わせて講師を選択

今回は、オンライン英会話における日本人講師と外国人講師の特徴や、それぞれの講師に向いている人について説明しました。どちらの講師も一長一短なので、自分の英会話レベルやニーズに合わせて選択することが大切です。

英会話は自分のレベルに合った学習方法で行わないと、十分な効果が期待できません。そのため、自分の英会話スキルを客観的に判断しておくことも、オンライン英会話の講師を選択するためには非常に重要です。試しに日本人講師と外国人講師のレッスンを、それぞれ受講してみるというのもよいかもしれません。